RSS | ATOM | SEARCH
写真

昨年引越をしたついでに、ケーブルテレビと契約してみました。囲碁将棋チャンネルも見られますが、最近割とよく見ているのがMONDO TVです。見ているのは「女神降臨」ではありません。麻雀です。


私が麻雀に最も入れ込んだのは中学生の頃です。同級生の家で随分ジャラジャラやりました。そのせいだけでもないでしょうが同級生は志望校のランクを一つ落としたと聞きました。その後はほとんどテレビゲームやインターネット雀荘でも打ったことはありませんから、将棋同様久々に首を突っ込んでいることになります。


プロが打つ麻雀は面白いものですね。指さない将棋ファンもいますが、打たない麻雀ファンもなかなか楽しいです。自分で打ったら絶対に作れないような役が仕上がったり、絶対に止められない上がり牌がぴたりと止まったりする様子を、四人全員の手牌を見られる「神の視点」から見られるのですから、私のような点数計算もできないような人間にはこたえられません。


将棋との比較など細かいことはまた書くとして、ちょっと気になったことが一つ。


男性プロ雀士の写真って、どういうわけだか腕組みをしているものが多いですね。将棋の棋士だと駒を持って前方へ差し出している写真を見かけたりしますが、なんで腕組みしているのかしら。なんだかラーメン屋の親父さんのように見えます(そういえば、ラーメン屋の親父さんもなんで腕組みしているのでしょう)。もっと格好良く、それでいてプロ雀士らしいポーズ、ないかなあ。

author:はくた, category:その他, 00:00
comments(0), -, - -
Comment