RSS | ATOM | SEARCH
ブックス・ルーエの花本さんに感謝!  その3

 
 「すみません、ワタクシ将棋ペンクラブという団体で幹事をしている者なのですが……」
アポイントもなしでいきなり声をかけた私を、花本さんは気さくに受け応えしてくれました。私は聞きたかったことを交えながら、雑談のような感じで10分程度お話しさせていただきました。
「どうでしょう、売れてますか?」
露骨ですが、将棋ファンとしては気になるところです。しかしお答えは、芳しくないとのこと。うーん、ここまですばらしいセッティングでフェアを行っていただいているのに、やっぱり難しいのでしょうか。
どうしてフェアを、との質問には、面白い答えが返ってきました。なんでも竜王らしき方が来店されたそうで、もしも次回来店したときに将棋フェアの棚を見たらどう思うだろう、ということでやってみたとのことです。すごい実行力だなぁとビックリしてしまいました。
 
花本さんからは棚を写してブログに載せることも快諾していただき、「どうぞ持っていってください」とフリーペーパーも数冊手渡されました。感謝の言葉もありません。元々こちらのポイントカード持っている私ですが、さらにこちらで買い続けようと誓いました。
 
 
 

 
 
 
お礼を言ってカウンター横から離れた私はフェアの写真を撮りました。その案内板がまたいいのです。画像でお分かりのとおり、「知のスポーツ最高峰!」ですからねぇ。「将棋浪漫」という言葉もホントに素敵です。「将棋フェア」と書くより数段アジがあるというものです。その下にはなにやらフィリップ・K・ディックを彷彿させるフレーズが。このさり気なさが心憎い。
 
 
 

 
 
 
私の持っていない本があったので購入することにしました。画像の『将棋駒の世界』です。レジに持っていくと花本さん、「将棋駒、本当に美しいですよね!」。いやぁ、そうまで言っていただけると、将棋ファンとしてはなんだか照れちゃいます。
私はこれからも花本棚の熱心なファンでいようと密かに思いながら、すっかり日の落ちた吉祥寺をあとにしたのでした。 
 
(おわり)
 


 

author:あらはた, category:, 23:05
comments(2), -, - -
Comment
8月中にいつでも行けたのに、
行こう行こうと思ってたのに、
結局行きそびれてしまいました。
Guten Tag, 2011/09/01 1:03 PM
 ☆Guten Tagさん
私は先週末に行ってきました。ふつう、将棋本フェアは自分も将棋を指す方が企画されるものだと思うのですが、花本さんの企画はご自分では指されないだけにひと味違うものでした。ぜひ第二弾を期待したいです。
はくた, 2011/09/01 11:10 PM