RSS | ATOM | SEARCH
将棋ペンクラブ、社団戦へ!
  だいたいにおいて、酒の席で出た計画は実行に移されることはありません。酒で盛り上がって、エイエイオー! などと赤ら顔で気炎を吐いても、翌日には忘れてしまっているのが常なのです。 しかしこのたび将棋ペンクラブ幹事会は、酒の席で出た話をめでたく実行することになりました。それは、「社団戦に出場する」というものです。   出場にあたって、まずは申し込みをしなくてはいけません。申し込みは3月いっぱいということなので、幹事の方々の命を受け、私が御徒町将棋センターに出向くことになりました。 3月も終わりに近いある日、私は仕事を終えると、一旦神保町に向かいます。御徒町の前にアカシヤ書店さんに寄って、将棋ペンクラブ事務局長の星野さんに出場のためのお金を預かるのです。 お店に入り、まずは星野さんにごあいさつ。「儲かってまっか?」。星野さん、それには答えず、お金の入った封筒を差し出します。いいから早く行ってこい、という意味です。で、お店を出た私は御徒町将棋センターを目指します。 その日は気候も穏やかで、私は歩いていきました。お金と一緒にアカシヤ書店さんの目録をどっさり渡されているので、いやぁ重い重い。秋葉原まで来たとき、電車に乗ろうかなと一瞬思ってしまいました。 それでもなんとかたどり着き、エレベーターに乗って御徒町将棋センターに入っていきます。 恵子さんが連絡を入れておいてくれたので、出場の申し込みはすんなりと終わりました。チーム名は「将棋ペンクラブ」で、ユニフォームの色はお任せしました。そしてアカシヤ書店さんの目録も受け取っていただいたので、どちらかというとそちらの方に、ひと安心したのでした。   当然これでまっすぐ帰るわけはありません。さぁ、出場記念の飲み会だぁ、と相成るわけです。 場所はアカシヤ書店のすぐそば、新年会でお世話になった『魚百』さんです。星野さんと私と私の妻で、8時に、ということで話がまとまりました。で、約束の8時に店に着いたのですが、もうすでに星野御大、飲まれております。まぁこちらも神田で0次会をやっていたので、どっちもどっちというところです。 私はハイボール、妻は生ビールで、日本酒の星野さんとカンパイ。祝、出場、です。 星野さんと楽しく飲みながらも、私はちょびっと恐ろしさも感じていました。なにしろ出場だけで飲み会なのです。きっと社団戦の日は終わったら必ず飲み会でしょうし、間違って勝ったりでもしたら、それはもうドンチャン騒ぎの打ち上げになるにちがいありません。いったいどれくらい飲むことになるのか……。   この日もやはり終電間際まで飲み続け、私たちは暗い神保町を、少しふらふらしながら地下鉄の駅へと向かっていったのでした。    
author:あらはた, category:, 00:11
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
またもや知ってる方の多いチームの新規加入ですか。
チーム(大学将棋部OB会)は1994年から参加、
小生は1995年から参加してますが(当時は会場は田町の長谷工体育館)、
最近は平手将棋はわからないので応援にまわり、
かつ他チームに知合いも多いので、会うのを楽しんでます。
勿論毎回の打上げも楽しみで、月曜の仕事がつらいことも。
Guten Tag, 2011/04/18 9:02 PM
 ☆Guten Tagさん
またもや、ということは他にも似たようなケースがあるわけですね。

それにしても、社団戦の打ち上げはほんとに翌日にこたえます。かと言ってほどほどで切り上げるというのも難しいです。
はくた, 2011/05/03 12:55 AM









Trackback
url: http://blog.shogi-penclub.net/trackback/134