RSS | ATOM | SEARCH
アサクサ国王
 
 
「将棋ペンクラブ幹事になっても、ひとつもいいことありませんよ」。
 
これは私が将ペン幹事の勧誘を受けた際、言われた言葉です。
不思議ですねぇ。普通勧誘する方は、引き受けてもらおうと、たとえなくたって特典を打ち出すものです。でもねぇ、言われたんですよ私は。いいことなんか何もないけど、よろしくお願いいたしますよ、と……。
 
 
幹事の打診はハガキでした。電話ではなく、ハガキです。幹事の鷲北さんが、勧誘と説明のため、私のウチの近くまで来てくれると言う。私たちは2、3度ハガキを交わして日程を決めたのち、国分寺で落ち合ったのでした。
 
鷲北さんはぶっきらぼうな人でした。いえいえ、いい意味で、とかじゃなくぶっきらぼうなのです、単に。しかしそのおかげで、話は簡潔かつ明瞭。幹事の仕事や幹事内部の状況がしっかりつかめましたので、私はその場で幹事になることを了承したのでした。
その後棋士や棋界の話などをしながらしばらく呑み、河岸をかえ、2軒目の居酒屋ではマグネット盤で一局指しました。そして完膚なきまでに負かされたのでした。ご祝儀の白星なんてものもないということです。ホントだ、幹事になったっていいことないや、と私は思ったのでした。
 
ところで打診を受けた鷲北さんからのハガキ、文は人柄なりで極めて簡素なものだったのですが、ちょっとだけ私の趣味に合わせた記述があったのです。それは、「先日の菊花賞、アサクサキングスから流して当てました」というもの。私が競馬好きということで、さりげなく一文加えてくれたのでした。
思えばブッキラボーな勧誘も、喜び勇んで幹事になってガッカリすることのないよう、一つの高度なテクニックだったのかもしれません。実際私は幹事になって、なんだ、けっこういいことあるじゃないかと感じています。それとも鷲北さんと「いいこと」の定義が違うのでしょうか……。
 
 
今度の日曜日の宝塚記念、登録馬にアサクサキングスの名前があり、私はふと、幹事に勧誘されたときのことを思い出しました。
アサクサキングス、昨年3月の阪神大賞典以来ですから久々のレースです。ダービー2着、菊花賞1着ではありますが、2桁着順も5回。1番人気で2回出走の春の天皇賞では3着、9着。取りこぼしの多い、あまり信頼のおけないG鞠呂覆里任后それでいて馬券になるときは不思議とそこそこの人気で、競馬ファン泣かせの馬です。少なくとも私はいい思いをしたことがありません。
7歳なので、そろそろ引退でしょうか。長休明けに強豪が多数出走と不利ではありますが、当日鷲北さんと社団戦で一日過ごすので、これもご縁ということで、記念馬券で買ってみようかなぁと思っています。
 
今回はさすがに配当がつくので、来たらニューアサクサ辺りで酒盛りですなぁ。
 
 
author:あらはた, category:, 17:50
comments(0), -, - -
袖振り合うも

幹事会終了後、一同神保町に移動してアカシヤ書店の近くの居酒屋で一杯やっておりました。




今日もジムキョクチョーとあらはたは酔っぱらって一局指していたので写真に撮っていたところ、お隣の席で飲んでいたご夫妻に声をかけられました。




「何か、将棋の集まりなんですか」
はい。将棋ペンクラブという団体の幹事会でして、終わるといっつもこんなふうに飲んでいるのです。
「そうなんですか。今日は二人でここまで将棋の本を探しに来たんです」
おお、それではアカシヤ書店に行かれましたか。
「いいえ。将棋専門のお店があるんですか?」
おーい、ジムキョクチョー、将棋指してる場合じゃありまへんでえ。


聞けばご主人のほうが将棋好きのようですが、奥様もかなり興味をお持ちのように見えました。せっかくなので会報を一部差し上げたところ、奥様がさっそく読んでいました。これからも末永くお二人で将棋を楽しんで下さい。次に神保町にお越しの際は、ぜひアカシヤ書店にもお立ち寄り下さいね。

author:はくた, category:, 01:00
comments(0), trackbacks(0), - -
将棋ペンクラブ、社団戦へ!
  だいたいにおいて、酒の席で出た計画は実行に移されることはありません。酒で盛り上がって、エイエイオー! などと赤ら顔で気炎を吐いても、翌日には忘れてしまっているのが常なのです。 しかしこのたび将棋ペンクラブ幹事会は、酒の席で出た話をめでたく実行することになりました。それは、「社団戦に出場する」というものです。   出場にあたって、まずは申し込みをしなくてはいけません。申し込みは3月いっぱいということなので、幹事の方々の命を受け、私が御徒町将棋センターに出向くことになりました。 3月も終わりに近いある日、私は仕事を終えると、一旦神保町に向かいます。御徒町の前にアカシヤ書店さんに寄って、将棋ペンクラブ事務局長の星野さんに出場のためのお金を預かるのです。 お店に入り、まずは星野さんにごあいさつ。「儲かってまっか?」。星野さん、それには答えず、お金の入った封筒を差し出します。いいから早く行ってこい、という意味です。で、お店を出た私は御徒町将棋センターを目指します。 その日は気候も穏やかで、私は歩いていきました。お金と一緒にアカシヤ書店さんの目録をどっさり渡されているので、いやぁ重い重い。秋葉原まで来たとき、電車に乗ろうかなと一瞬思ってしまいました。 それでもなんとかたどり着き、エレベーターに乗って御徒町将棋センターに入っていきます。 恵子さんが連絡を入れておいてくれたので、出場の申し込みはすんなりと終わりました。チーム名は「将棋ペンクラブ」で、ユニフォームの色はお任せしました。そしてアカシヤ書店さんの目録も受け取っていただいたので、どちらかというとそちらの方に、ひと安心したのでした。   当然これでまっすぐ帰るわけはありません。さぁ、出場記念の飲み会だぁ、と相成るわけです。 場所はアカシヤ書店のすぐそば、新年会でお世話になった『魚百』さんです。星野さんと私と私の妻で、8時に、ということで話がまとまりました。で、約束の8時に店に着いたのですが、もうすでに星野御大、飲まれております。まぁこちらも神田で0次会をやっていたので、どっちもどっちというところです。 私はハイボール、妻は生ビールで、日本酒の星野さんとカンパイ。祝、出場、です。 星野さんと楽しく飲みながらも、私はちょびっと恐ろしさも感じていました。なにしろ出場だけで飲み会なのです。きっと社団戦の日は終わったら必ず飲み会でしょうし、間違って勝ったりでもしたら、それはもうドンチャン騒ぎの打ち上げになるにちがいありません。いったいどれくらい飲むことになるのか……。   この日もやはり終電間際まで飲み続け、私たちは暗い神保町を、少しふらふらしながら地下鉄の駅へと向かっていったのでした。    
author:あらはた, category:, 00:11
comments(2), trackbacks(0), - -
既視感

先月の湯川邸訪問については、あらはたが既にレポートしてくれました。とにかくひっきりなしに料理が出て酒が出てトーカツカンジがしゃべるという、濃厚さにおいてはなかなかこれにまさるものはないという時間でした。


途中、折角だから将棋も指そうという名目でトーカツカンジのおしゃべりから逃れることにして、あらはたと私は盤を挟みました。あらはたと私は目下酒を飲んでの百番指しを目指しております。素面で指すわけにいかないので、指すためには必ず飲まなくてはいけません。ううむ、つらい。


局面は順調に私の劣勢になり、間を持たせるためにコップで赤ワインを飲んでいるうちに、どうも、この光景は見たことがあるという気分になってきました。ええと、どこだっけ。


そんなことを考えているうちに将棋は負け、いぬづかに飛車落ちで挑戦しました。こちらはいぬづかがあまり勝ちにこだわらず、下手の実力を試す展開にしてくれたため、多少は将棋らしい展開になりました。


うーん、こんな攻めしか思いつかないけれど、遅いかなあ。
「いや、それもありじゃない。確かにそこから馬を作って転回してと手数はかかるけれど、下手玉は高美濃の堅陣に収まっているわけだし、ゆっくりした攻めでいいという考え方はあるでしょう」
などと、指しながらなぜか感想戦のようなやりとりにもなっております。


あ、そうだ。
これはペンクラブの交流会だ。


交流会の時にはもちろん将棋を指している時にはお酒は出ません。一通り指してから直会です。しかし、将棋も直会も同じ場所で指し、将棋もそこそこ真剣には指しているものの、なぜか時には指しながら感想戦になってしまったり、勝ち負けがあまり意味を持っていない。将棋を楽しむ雰囲気に満ちていて、そして何より、トーカツカンジが一人でしゃべっている。湯川家の宴会の延長線上にあるのが、交流会だったのですねえ。

author:はくた, category:, 00:00
comments(2), trackbacks(0), - -
三浦大根

湯川邸で出される食事は全て湯川夫妻の手作りです。前回あらはたと私がうかがった時には、ご近所さんからいいトマトをいただいたとかで、博士さんがペンネを作ってくれました。うまかったですねえ。恵子さんも博士さんも酒を飲みますから、味付けも自然と酒に合うものになっています。


さて、あらはたが絶賛していた大根と鶏肉の煮物(恵子作)の近影をもう一枚ご紹介しましょう。




この写真では分かりづらいですが、この大根はふつうの青首よりも大分太いものでした。聞けば和光市でとれた三浦大根だそうです。


三浦大根はその名の通り三浦半島のほうで主に作られている品種なのだそうです。根本から先まであまり太さが変わらない青首と違い、中ほどが太くなるので抜くのも大変、鍋が大きくないと煮るのも大変。従って作る側も調理する側もいささか覚悟が必要ですが、煮物にすると絶品なのだそうです。これは私も食べたので保証できます。
三浦方面から遠路はるばるやってきたいぬづかは「和光市でとれたのに三浦大根とは許せん!」と冗談交じりに言っておりましたが、まあ、うまいんだからいいんじゃないでしょうか。


author:はくた, category:, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
湯川邸にて若手幹事会 その5
 
和光市駅で犬塚の将ちゃんと別れた我々は、東上線の下り電車に乗り込みました。
そしてなんとなく、白田青年と私で、もう一局指そうという話になったのです。いやぁ、ここまできてまだやるか、という感じですねぇ。
で、なんと途中下車して、とある駅の商店街で場所探しです。まだまだしんしんと雪が降っているというのに……。
「やっぱり居酒屋の一手ですかねぇ」と白田青年。
「いや、それだと長くなっちゃいそうだから、ちょっと妙手を用意してます」
と私。そして雪の中、商店街の中央までずんずん進んでいきます。
実は私の妙手は日高屋。居酒屋でなくてラーメン屋です。意外にもここ、じっくり腰を落として呑めるお店なのです。酒はビールだけでなく、いくつか種類があります。メニューにはポテトフライなど、酒のつまみが並んでいます。しかも安くて早い。私は近所の店舗を居酒屋代わりに使っているのです。ですので、この商店街の店舗も対局場としてピッタリなはずと思ったわけです。
しかし店の前まで来ると、どうにも対局に向かない感じがします。いつも私が行く店舗と違って、店の造りが細長くて狭いのです。しかもご飯時で混みあっています。なんだか将棋など指してたら客たちからジロジロ見られそう。それよりまず、とても長居できそうにありません。
じゃあ諦めて帰りますか、とはならず、今度は一転、私の地元に向かうのです。何度か指していて、勝手も分ります。で、雪だし寒いしということでタクシーに乗ってしまうのです。ただの一局のためにここまでしてしまうのです。自分たちのことながら、ほとほと呆れてしまいます。
タクシーで走ること20分。我々は居酒屋に着いてとりあえず酒を頼むと、すぐにマグネット盤をテーブルに出したのでした。
 
湯川さんがセッティングしてくれた若手幹事会の日は、どっぷり将棋に浸かった日でもあったのでした。
 
 
(ようやく終わり)
 
 
author:あらはた, category:, 00:00
comments(2), trackbacks(0), - -
湯川邸にて若手幹事会 その4
 
外は相変わらず雪が降っていましたが、湯川邸ではホットな時間が続いていました。
ひとしきり呑んで食べて、お話を聞いて、いやぁもう満足! という感じです。
で、まぁ我々も将棋のつながりなのだからと、腹ごなしに将棋を指し始めました。
ところでワタクシ、幹事になって数年経つのですが、なりたてのときに驚かされたことがあります。それは、誰も将棋を指さないということでした。とにかく幹事さんは将棋界に精通しているものの、実戦はまったく行なわないのです。
そこで試しに、幹事会にマグネット盤を持参しました。そして呑みの席で出してみたところ、なんと将棋が流行りだしたのでした。なんだ、みなさんやっぱり実戦がお好きなんじゃないですか、と妙に安心したものです。
今では呑みの席では、必ずマグネット盤が置かれています。実に不思議なことですが、今、将棋ペンクラブの幹事では将棋がブームなのであります。
 
その日の湯川邸では、私と白田青年、将ちゃんと太平さんの2局が組まれました。その隣では、私の妻と湯川さんの囲碁対局が、これがいちばん賑やかに行なわれたのでした。
1局目が終わったところで、肉じゃがが出されます。恵子さんが言うには、出すのを忘れていたとのこと。たしかにあんなにたくさんの料理があれば、一品くらい忘れることもあるでしょう。
せっかくだからと、私は席に戻ってあったかい肉じゃがをいただきましたが、将ちゃんと白田青年は2局目を指しだしました。妻も大平さんにたくさん駒を落としてもらって、指しだします
しばらくすると、てんぷらとそばが用意され、そこで将棋は終了となりました。
ホントに、こんなにも手厚いおもてなしを受けてよいのだろうか、と頭を抱えてしまうくらいのおもてなしです。
 
おそばをいただいたあとは、またお話の時間です。囲碁のあとひと眠りした湯川さんを、もうだれも止められません。独壇場です。我々もちょいちょい合いの手を入れますが、せいぜいがその程度で、将棋のこと、文章のこと、世の中諸々のことを、拝聴したのでした。
 
日が落ち、電車が止まっていたらたいへんだということで、若手幹事は帰り支度を始めました。
しっかり着込んでモコモコになった我々は来たときと同じようにそうっと階段を降ります。そしてお礼を言って湯川邸をあとにしたのでした。
 
(まだ続く)
 



author:あらはた, category:, 23:50
comments(0), trackbacks(0), - -
湯川邸にて若手幹事会 その3
 
湯川邸での若手幹事会に向けて、湯川さんご夫妻はたくさんの料理を仕込んでくれていました。
前回伺ったときも、トマトから煮込んだペンネのパスタやらチャーシューやら、一日がかりでじっくり仕込んだ料理を堪能させていただきました。ですので今回は、しっかり料理を味わおうと、みんな朝食を抜かしてきています。
 
 

 
席に着いたときには、突き出しとおしぼりが置かれていました。まるで小料理屋さんに来たかのよう。
そしてカンパイ後、怒涛の料理ラッシュです。焼き豚、ゴボウの揚げ物、ほうれん草のおひたし、鰹のたたきサラダ、漬け物、春巻き、鰈のあんかけのせ、など。
 
 

 
どれも美味しいのですが、中でも特に好評だったのが、この手羽大根です。和風の繊細な味付けなのに、しっかりしたコクがあるのです。大根は厚めに切ってあるのに、しっかりと味がしみています。
 
湯川さんの料理の他にも、犬塚の将ちゃんがお土産で持ってきた、崎陽軒のシュウマイも並べられます。
 
今日こそは湯川さんのトークに圧されないでしっかりしゃべるぞ、オー! と密かに誓っていたのでありますが、しかしこう美味い料理を出されては言葉を発するヒマもなく、この日も聞く一方の受け将棋となったのであります。
 
2杯目以降は、皆さん、日本酒になったり、焼酎になったり。私はビール党なので、一貫してビールで攻めました。幹事会はまだまだ続きます。
 
 
author:あらはた, category:, 23:38
comments(0), trackbacks(0), - -
湯川邸にて若手幹事会 その2
 
(前回までのあらすじ) 雪の日だったけれどがんばって湯川邸に向かった。
 
 
和光市の改札で待っていたら、白田青年がやってきました。まもなく犬塚の将ちゃんも。金銀を連携させた私はようやく安心して、湯川邸へと向かっていったのでした。
 
タクシーで10分ほど走り、湯川邸に到着。
年代物の湯川邸、ノックをすると崩壊してしまいそうなので、静〜かにドアを開けて「すみませ〜ん」とささやきます。スターの寝室に入り込むレポーターのよう。
そこへ、おぅ! と大声の湯川さん。いつもの気さくな感じで迎え入れてくれます。
「あ、案外丈夫なんですね」
「え、なに?」
「あ、いやいや、本日はお招きいただきありがとうございます」
とあいさつを交わし、お邪魔いたします。
それにしても湯川さん、着流しのお姿がよく似合います。きっとその昔、アマ強豪が訪れたときも、そんな衣装で迎え入れたのでしょう。勝負の気持ちがぐっと高まったにちがいありません。
 
2階に上がると、会員の大平さんがいらっしゃっていて、あいさつをします。太平さんは賛助会員とのことで、一般会員の私は大平さんの3倍深く、頭を下げます。
席に着き、乾杯です。日本酒も焼酎もワインも揃っていたのですが、まずは皆さんビールから。飲めない犬塚の将ちゃんも乾杯に付き合ってくれました。
 
運ばれてくる料理、それぞれ、下ごしらえに相当時間がかかっていそうなものです。私たちは逸品運ばれてくるごとに驚きの声をあげます。
どのような料理だったかは、秘密です。と、もったいぶってもしょうがないので、次回に書き連ねることにします。
 
(続く)
 
 
author:あらはた, category:, 23:42
comments(0), trackbacks(0), - -
湯川邸にて若手幹事会 その1
 
統括幹事の湯川さんが、若手の幹事をねぎらう会を開いてくれることになりました。
ありがたいことです。それでこそ、「どこまでも付いて行きますぜ!」という気持ちになるというものです。
 
ということで、とある雪の日、私は妻を連れて和光市へと向かいました。
まずは武蔵野線。これが実に寒い。武蔵野線の駅は高架か半地下で、他の通勤電車より気温が低いのです。私と妻は道祖神のようにじっと固まって電車を待ちました。
ようやく電車が着き、乗り込みます。こんな雪の日に出掛ける人はいないのか、車内はガラガラにすいています。
雪の車窓を数駅分楽しんだあと、北朝霞で降ります。ここからロータリーを4分の1通過して、朝霞台駅から東武東上線に乗るのです。
「ここはどこの駅のロータリーだい?」と妻に聞きます。
「え、北朝霞でしょ」と妻。
「じゃああの朝霞台歯科ってなんだい?」とロータリーに向かって建つ雑居ビルを指します。
「あ、じゃ朝霞台駅のロータリーだ」
「ほう。でも、あの歯医者さんの下にある塾は北朝霞教室だよ」
「……」
などと会話しながらロータリーを歩き、甘い匂いの漂う朝霞台の改札を通ります。
東上線の上りはすぐに来て、こちらもガラガラだったので座りました。特急で使用する車両で、ロングシートながら不自然に2席ずつ分かれています。
2駅乗って和光市に到着。待ち合わせ時間よりかなり早く着き、私たちは改札を出て見まわしますが、まだだれも来ていませんでした。
 
(続く)

author:あらはた, category:, 19:05
comments(0), trackbacks(0), - -