RSS | ATOM | SEARCH
棋士のみなさま

今回は受賞者にも棋士が四人もいらっしゃったのですが、お祝いのために他にも多数の棋士が来てくれました。全員にいきなりご挨拶をお願いしたのですが、楽しいお話をいただきました。ありがとうございました。


最初に話して下さったのは青野照市九段。『将棋世界』の連載に触れ、どんどん書きたいことを書くぞという意欲が伝わってきました。次月号が楽しみです。




続いては三浦弘行八段。当日は対局だったそうですが、「対局が長引いたら投了してでも駆けつけようと…」と言ってくれました(実際には早い時間に勝ったようです)。いやあ、嬉しいですね。




神谷広志七段。棋士の立場で「棋士の受賞者が多すぎるのではないか」と語る辺りが神谷直言流と申せましょうか。




関西在住の西川慶二七段は火曜の順位戦から東京に滞在されていたそうです。司会者が「八段」と間違えてしまいましたが、「昇段させていただいて…」と引き取り、場内を沸かせてくれました。




上野裕和五段は近々著書が出版されるそうで、来年のペンクラブ大賞の予告受賞宣言が飛び出しました。




木村一基八段は大盤解説などでも有名な飄々とした語り口で、自著の宣伝を交えた挨拶をしてくれました。


author:はくた, category:ペンクラブ大賞, 00:00
comments(0), -, - -
谷川九段、語る

当日、私は仕事の都合で開会に間に合わず、着いた時には受賞者の挨拶が終わったところでした。遅れてすみませんと会場の外にいた幹事に挨拶していたら、幹事のなかのが


「いやいや、ちょうどいいところですよ。これから谷川流のスピーチが始まるところです」


受賞者挨拶の後、受賞者でもある谷川浩司九段が受賞作一つ一つについて話して下さったのでした。来場者にも受賞者にも背を向けるわけにはいかないと言いながら、写真のような位置に立たれたところに一流の気遣いを感じます。そんな谷川九段のことばに感極まって、眼鏡を外している佐藤圭司さん。




谷川九段は後の歓談中も、たくさんの方々の写真撮影に快く応じてくれました。私はというと、次から次へとカメラを託され、しばし記念撮影カメラマンと化していたのでした。写真はその合間、中平邦彦さんの『名人 谷川浩司』(池田書店)にサインしているところ。




谷川九段と一緒に写真に収まるみなさんが、文字通り弾けんばかりの笑顔でした。いつもBGMを演奏している方々(将棋は指さない)までが写真撮影をお願いしていて、改めて谷川人気の広さと深さを感じた次第です。
司会の長田さんがあんなに嬉しそうにしているのを見たのは初めてだったのでそう伝えましたら、「妻と一緒にいる時のほうがもっといい笑顔をしているよ!」と返されてしまいました。いやあ、素晴らしい。

author:はくた, category:ペンクラブ大賞, 00:00
comments(0), -, - -
贈呈式、無事終了

第24回将棋ペンクラブ大賞贈呈式は、昨日無事に終了いたしました。お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。今回は受賞者でもある日本将棋連盟の米長邦雄会長、谷川浩司専務理事、広瀬章人七段、村山慈明六段をはじめ、大勢のプロ棋士の方にお越しいただき、例年に増して賑やかな会となりました。会の様子はこれから何度かに分けて紹介いたします。


author:管理人, category:ペンクラブ大賞, 00:00
comments(2), -, - -
ペンクラブ大賞贈呈式

第24回将棋ペンクラブ大賞の贈呈式が今週金曜、9月21日の18時30分(開場18時)から行われます。場所は例年と同じスクワール麹町です。最寄り駅はJR四ツ谷駅で、麹町口へ出てすぐそば。会費は八千円(女性は六千円)です。


受賞者のほか、プロ棋士も例年多数いらっしゃいます。女流棋士による指導対局もございます。多くの皆様のお越しをお待ちしております。


author:管理人, category:ペンクラブ大賞, 12:00
comments(0), -, - -
第24回将棋ペンクラブ大賞

7/21に行われた最終選考会の結果、以下の通り決定いたしました。



観戦記部門
優秀賞
佐藤圭治「第69期名人戦七番勝負 第5局 森内俊之−羽生善治」(朝日新聞、2011年6月12日〜)

文芸部門
大賞(ノンフィクション)
米長邦雄『われ敗れたり』(中央公論新社、2012年2月)
大賞(フィクション)
橋本長道『サラの柔らかな香車』(集英社、2012年2月)

技術部門
大賞
村山慈明『ゴキゲン中飛車の急所』(浅川書房、2011年12月)
優秀賞
広瀬章人『広瀬流四間飛車穴熊勝局集』(日本将棋連盟(発行)、マイナビ(発売)、2011年4月)

特別賞
谷川浩司『月下推敲 谷川浩司詰将棋作品集』(日本将棋連盟(発行)、マイナビ(発売)、2011年7月)
200年ぶりの永世名人による図式集。実戦型から構想作までの傑作100題は、広く将棋ファンに詰将棋の持つ楽しさと奥深さを十分に伝えた、その偉業に対して。
author:管理人, category:ペンクラブ大賞, 20:00
comments(0), -, - -
二次選考通過作品

第24回将棋ペンクラブ大賞の二次選考通過作品が決まりましたので、以下に案内申し上げます。この中から7月に行われる最終選考を経て、将棋ペンクラブ大賞の受賞作が選ばれます。


観戦記部門
佐藤圭司「第69期名人戦 七番勝負第5局 森内俊之-羽生善治」(朝日新聞、2011年6月12日)
柳瀬尚紀「第59期王座戦 五番勝負第3局 渡辺明-羽生善治」(日本経済新聞、2011年10月13日)
椎名龍一「第61回NHK杯将棋トーナメント 2回戦第9局 山崎隆之-森内俊之」(NHK将棋講座、2011年12月号)
矢内理絵子「第38期ユニバーサル杯女流名人位戦 A級 矢内理絵子-千葉涼子」(スポーツ報知、2011年9月13日)
上地隆蔵「第1期リコー杯女流王座戦 五番勝負第5局 加藤桃子-清水市代」(日本経済新聞、2012年1月4日)


文芸部門
先崎学『今宵、あの頃のバーで』(日本将棋連盟(発行)、マイナビ(発売)、2011年10月)
橋本長道『サラの柔らかな香車』(集英社、2012年2月)
鈴木啓志『東海の鬼 花村元司伝』(日本将棋連盟(発行)、マイナビ(発売)、2012年2月)
米長邦雄『われ敗れたり』(中央公論新社、2012年2月)


技術部門
広瀬章人『広瀬流四間飛車穴熊勝局集』(日本将棋連盟(発行)、マイナビ(発売)、2011年4月)
石橋幸緒『出だし4手で知る石橋幸緒の将棋レシピ』(長崎出版、2011年5月)
村山慈明『ゴキゲン中飛車の急所』(浅川書房、2011年12月)
門倉啓太「記録係は見た!」(『将棋世界』2011年8月号付録)

author:管理人, category:ペンクラブ大賞, 18:00
comments(2), -, - -
贈呈式無事終了

報告が随分遅れてしまいましたが、ペンクラブ大賞贈呈式は予定通り9月16日に行われ、無事終了いたしました。ご参加下さったみなさま、ありがとうございました。




遅ればせながらこれから何回か当日の様子をご紹介できればと思いますが、申し訳ないことにはくたが慌ただしくしておりまして、少し時間がかかってしまいそうです。気長にお待ちいただければ幸いです。


author:はくた, category:ペンクラブ大賞, 22:00
comments(3), -, - -
第23回ペンクラブ大賞贈呈式

直前の告知になってしまい申し訳ありませんが、今週の金曜日はペンクラブ大賞贈呈式です。どなたでもご参加いただけます。今年度の受賞者についてはこちらをご覧下さい。


日時: 2011年9月16日 18:30-(開場18:00)
場所: スクワール麹町(JR四ツ谷駅麹町口出てすぐ)
会費: 男性8,000円、女性6,000円


女流棋士による指導対局のほか、色紙や書籍が当たるくじ引きもございます。皆様のご参加をお待ちしております。

author:管理人, category:ペンクラブ大賞, 00:00
comments(0), -, - -
第23回将棋ペンクラブ大賞
7/23に行われた最終選考会の結果、以下の通り決定いたしました。

観戦記部門
大賞
後藤元気「第59回NHK杯将棋トーナメント 準決勝第1局 渡辺明−糸谷哲郎」(NHK将棋講座、2010年5月号)
優秀賞
青「第68期名人戦 七番勝負第4局 羽生善治−三浦弘行」(朝日新聞、2010年5月30日〜)

文芸部門
大賞
塩田武士『盤上のアルファ』(講談社、2011年1月)

技術部門
大賞
金子タカシ『寄せの手筋200』(浅川書房、2010年4月)

特別賞
貴志祐介『ダークゾーン』(祥伝社、2011年2月)
本作品は将棋文芸の域を超えてファンを魅了し、将棋というゲームの可能性を限りなく広めたもので、その功績に感謝します。
author:管理人, category:ペンクラブ大賞, 00:00
comments(0), -, - -
二次選考通過作品

第23回将棋ペンクラブ大賞の二次選考通過作品が決まりましたので、以下に案内申し上げます。この中から7月に行われる最終選考を経て、将棋ペンクラブ大賞の受賞作が選ばれます。


観戦記部門
青「第68期名人戦 七番勝負第4局 羽生善治-三浦弘行」(朝日新聞、2010年5月30日〜)
藤田麻衣子「第81期棋聖戦 本戦1回戦 深浦康市-加藤一二三」(産経新聞、2010年4月6日〜)
後藤元気「第59回NHK杯将棋トーナメント 準決勝第1局 渡辺明-糸谷哲郎」(NHK将棋講座、2010年5月号)
石橋幸緒「第4期マイナビ女子オープン 本戦2回戦 石橋幸緒-室谷由紀」(週刊将棋、2011年1月12日号)
辰巳五郎「第4回日レスインビテーションカップ 2回戦 林葉直子-中倉彰子」(ウェブ掲載)


文芸部門
塩田武士『盤上のアルファ』(講談社、2011年1月)
貴志祐介『ダークゾーン』(祥伝社、2011年2月)
湯川寿香「将棋人生のはじまり」(将棋ペン倶楽部、〜2011年春号)


技術部門
青野照市『手筋辞典』(創元社、2011年2月)
羽生善治、森内俊之『羽生VS森内百番指し』(日本将棋連盟(発行)、毎日コミュニケーションズ(発売)、2011年1月)
金子タカシ『寄せの手筋200』(浅川書房、2010年4月)


author:管理人, category:ペンクラブ大賞, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -