RSS | ATOM | SEARCH
趙治勲VSコンビニおにぎり

関東交流会は午前10時くらいから何となく始まります。午後4時くらいまで将棋を指せますので、簡単ながらお昼も用意します。コンビニおにぎりと手頃な大きさに切ったバナナがここ数年の定跡です。




私がぱくぱくとおにぎりをほおばっていると、湯川恵子さんがこんな話をしてくれました。


コンビニおにぎりって上手にビニールをむかないと、ノリがビニールの中に残っちゃったりするじゃない。
趙治勲さんって、あれが上手にできないのね。
で、ノリがいっつも少し残っちゃうわけ。


そうすると、
「三目損した」
って言うのよ。


さすが趙治勲。でも、三目は軽視こそできませんが、それほど大きくは損をしていない感じですね。そこそこ上手にむけているような気もします。囲碁記者の方、もしご覧になっていたらそのうち「趙治勲の三目」がどのくらいなのか、写真で教えて下さいまし。

author:はくた, category:関東交流会, 00:00
comments(2), -, - -
扇子・後編

今日は参加者が持ってきていた扇子をご紹介。これは星野ジムキョクチョーのもの。誰が書いた扇子なんでしょう。




「分かんない。学者らしいんだけど、分かったら教えて」とのことでしたので、分かった方はジムキョクチョーに教えてあげて下さい。


お、こちらは一昨年の交流会で獲得されたものでしょうね。




これは幹事のいぬづかが持ってきていたもの。いいなあ。

author:はくた, category:関東交流会, 00:30
comments(0), -, - -
扇子・前編

幹事の加賀さやかは時間通りに来ないことで幹事会内では定評があります。今回の関東交流会では10:24頃やって来ました。これは加賀時間としてはかなり早いほうです。もっとも、慣れているとはいえきちんと和装をしてから来るのですから、その分は割り引いて考えなければいけない…と書くと、次回からまた来る時間が遅れそうなのがまた悩ましいところです。


さて、今回の加賀女史は「家族に扇子を一箱捨てられそうになった〜」と言いながら、大量にレアな扇子を持ってきてくれました。


これは銀河戦の祝賀会で配られたものでしょうか。




今となってはこれもレアです。




個人的にぐっときたのはこれ。




おおむね歓迎されたようで、懇親会に入る頃にはほとんどがなくなっておりました。「まだある〜」とか言っていたのでひょっとすると来年もある、かも?

author:はくた, category:関東交流会, 00:00
comments(0), -, - -
対局風景

今年も多数の対局が行われました。私が着いたのは10時ちょっと過ぎでしたが、その時点でこのくらい。




しかし、あっという間にこうなりました。




ペンクラブの将棋会はいわゆる将棋大会と違って、好きな人は好きなだけ指し、指さない人はおしゃべりするなりぼーっとするなり自由です。景品は一応成績順ですが、好きなものを持っていく形式ですから、全く指さなくてもご希望のものが残っていたりします。この辺りの雰囲気が好きです。


今年の指導対局には山下カズ子女流五段と多田佳子女流四段にお越しいただきました。なかなかお目にかかれないお二人ということもあって、多くの方が指導を受けていました。両先生、ありがとうございました。


author:はくた, category:関東交流会, 00:00
comments(2), -, - -
関東交流会、無事終了

今年も大勢の方にお越しいただき、関東交流会を賑やかに開催することができました。本当にありがとうございました。




私、はくたは風邪気味にて懇親会の途中で失礼いたしましたが、本隊は今頃二次会の最中かと思います。これから何回かに分けてレポートをお届けいたします。

author:はくた, category:関東交流会, 19:14
comments(2), -, - -
関東交流会のお知らせ

の前に、長く更新できなかったことをお詫び申し上げます。ヒマにあかせて書いていたはくたがこの冬しばらく体調を崩し、その上それほどヒマでもなくなってしまったせいで、長く更新が止まってしまいました。
今後も以前ほどのペースの更新は難しそうですが、たまにお越しいただいた際にはなにがしか新しいものが出ているようにしたいと思っております。なにとぞお見捨てなきよう、お願いいたします。


さて、今年も関東交流会の季節がやってまいりました。直前の告知ですが、今度の土曜日、5月26日です。午前10時から東京将棋会館4階で行います。午後4時くらいまで自由対局や指導対局をお楽しみいただき、その後は同じ場所で懇親会です。自由対局の成績優秀者から、景品を順番にお持ちいただきます。どんなに負け続けてもなにがしかはお持ち帰りいただけます。会費は懇親会まで含めて3,000円です。事前予約不要。会員でなくてもご参加いただけます。もちろん、当日の入会を心より歓迎いたします。

昨年の様子はこのブログの「関東交流会」カテゴリから少しご覧頂けます。皆様のお越しをお待ちしております。


author:管理人, category:関東交流会, 23:00
comments(0), -, - -
名刺

月給取りを始めた頃、社会人マナーの研修に行ったことがあります。その時に、講師が「名刺を忘れた(または切らした)日に、人から名刺をいただいてしまった時にはどうすればいいでしょう」という質問を出しました。


答えは「翌日(あるいは、名刺が手に入り次第すぐ)郵送で送る」なのですが、私は実際にしたことは一度くらいしかありませんし、されたことはありませんでした。


先日までは。


関東交流会の日、私はいつものように名刺を配ってはこのブログの宣伝をしていました。宣伝目的ですから、とにかく受け取っていただければありがたいと思って、配っていました。


数日後、お手紙と共に、ご自分の名刺を送って下さった方が二人もいらっしゃいました。


私は軽い感動を覚えました。お二人とも、私に名刺を送ったところで何か利益があるわけではありません。将棋の生むつながり、あるいは広く趣味によるつながりというものは、仕事のつながりとは全く別種の強さを持っているのですね。

author:はくた, category:関東交流会, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
会長、差し入れる

木村晋介会長も懇親会に入るちょっと前に来ました。さっそく斎田晴子女流四段に指導対局を受けていました。




Twitterで事前に予告があったそうですが、こんなお酒を差し入れてくれました。箱からして高そうです。




中身はこちら。




私もちょっとだけいただきましたが、白ワインのような上品で芳醇な味わいでした。


白ワインといえば、生食用の品種であるデラウェアで作る白ワインがあるの、ご存じですか。
私が飲んだことがあるのは甲州の老舗、丸藤ワイナリーで作っているものですが、さわやかな甘さが特徴的です。それまでは白といえばシャブリなどの辛口に限ると思っていたのですが、こんな豊かな甘さもあるのだと、ワインの見方を変えさせられた一品です。お値段もそう高くはありませんので、甘いお酒が好きな方はぜひ一度お試しあれ。

author:はくた, category:関東交流会, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
どんなキャラ?

交流会の席上で、私(はくた)に「ブログ見てますよ」と声をかけて下さった方が何人かいました。ありがとうございます。「もっと更新しろ」という声が多かったことも深くふかーく受け止めております。某非公式ブログのように毎日とはいきませんが、もう少しまめに更新したいと思います。


ついったー方面からお越しのある方には「はくたさんって、ブログで見た通りのキャラですね」と言われました。そ、そうなのかしら…
「少女漫画(多分『りぼん』連載)で、ヒロインが好きな男の子の友達で、ヒロインの友達のことが好きだけど振られるひとみたいだって言われたことあります」と答えたら結構ウケてくれたので、きっとそういうキャラなのだと思います。


なお、上記の設定は柊あおいさんの『銀色のハーモニー』に出てくる神崎研一郎くんがモデルと思われますが、私は彼のように頭も運動神経も顔も良くはなく、共通しているのはメガネくらいだというのが残念です。

author:はくた, category:関東交流会, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -
検討中

幹事たちが机の下をのぞき込んでいます。




なんだなんだと思ったら、星野ジムキョクチョー持参のiPadで隣の部屋の将棋を見ていたのでした。




他にもたくさんの方がモバイル中継を通じて隣の部屋の将棋を見ていたようで、懇親会の間も現局面があちこちで見られました。わざわざ電脳空間を経由してすぐ隣の将棋を見物するとは、なかなか不思議な時代になったものです。


author:はくた, category:関東交流会, 00:00
comments(0), trackbacks(0), - -